歯を失ったら

歯槽膿漏(歯周病)で歯をなくされた方へ

歯がなくなったら…

歯槽膿漏(歯周病)で歯をなくされた場合(虫歯や事故等でなくされた場合も同じですが)、抜けた歯をそのままにしておくのは非常に危険です。 噛み合わせが乱れたり、歯が空いてしまって抜けやすくなったりと、悪循環を呼び起こす原因となってしまいます。 しかし現在のところ、歯を再生する「再生医療」は残念ながら確立していません。そこで、主な治療法としては「インプラント・ブリッジ・入れ歯」の3つがあげられます。


インプラント、ブリッジ、入れ歯

インプラント・ブリッジ・入れ歯の特徴

  メリット デメリット
インプラント
  • 自分の歯と同じような感覚で噛む事が出来る
  • 周りの歯を傷つけない
  • 審美性が高い
  • 骨が痩せるのを防ぐ
  • 保険が適応されない
  • 歯を抜くのと同程度の処置が必要
  • 治療に時間がかかる
ブリッジ
  • 両サイドの歯がしっかりしていれば確実な治療ができる
  • 違和感が少ない
  • 短期間(1~2ヶ月)で歯が入る
  • 周りの歯を削らないとできないことが多い
  • 周囲の歯の負担が大きく、長期的に見ると周囲の歯を弱らす原因となるえる
  • 発音に問題が生じる場合がある
入れ歯
  • 治療が簡単
  • 食事の度に掃除が必要
  • 固い食べ物は苦手
  • 独特の違和感がある

神戸・明石|入れ歯のわずらわしさから抜け出したい方、All-on-4(オールオンフォー)無料メール相談

  • 神戸・明石|歯周病治療オンライン予約

    アップル歯科のオンライン予約

  • 神戸・明石|歯周病治療・無料メール相談

    院長や専門医がお答えします

  • 神戸・明石|歯周病治療・無料FAX相談

    院長や専門医がお答えします

  • 神戸・明石|小冊子無料プレゼント
各種クレジットカード使えます