歯周病・入れ歯の治療情報トップ > 歯槽膿漏(歯周病)
歯槽膿漏(歯周病)

歯槽膿漏(歯周病)

歯槽膿漏(歯周病)とは

矯正治療・診察をご希望の方は

日本人が歯を失う原因として、虫歯以上にその割合を占めるのが歯周病という病気です。昔は歯槽膿漏と呼ばれていましたが、現在は歯周病という名で呼ばれるようになりました。歯周病は歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている『歯周病菌』に感染し、口内環境が悪くなってしまう病気で、これにかかると歯茎が腫れたり、出血したり、最終的には歯が抜けてしまううこともあります。この病気の厄介なところは、自覚症状が出にくい病気のため、実はすでにこの病気にかかっているにもかかわらず気付いていないとういう点。その結果、症状が悪化して初めて歯科医院に行った時にはすでに手遅れで『歯を失ってしまう』方がかなりいる恐ろしい病気なのです。そして実に日本人の成人の約80%がこの病気にかかっているといわれています。


歯槽膿漏(歯周病)の原因

歯周病菌

歯槽膿漏(歯周病)の原因は口腔内に繁殖した細菌によるものとされています。口腔内には、実に数百種類以上、数億個以上の細菌が棲息しており、人間の体の中でもっとも多くの細菌が棲息しているといわれています。
菌が口内に棲息している事自体は問題ではないのですが、細菌に食べかすが付着する事によって、 歯垢(プラーク)ができあがり、これが歯→歯の周り→歯肉へと付着が広がり、歯周病の原因とされる「歯周病菌」が繁殖し、歯周病が進行していきます。


歯槽膿漏(歯周病)のになると

歯槽膿漏(歯周病)になっても、最初のうちは自覚症状がありません。しかしそのうちに歯茎が退縮したり、歯がグラグラしたり、痛くて上手く噛めなくなったりと、徐々に症状が現れてきます。 そしてそれは口腔内にみに限らず、歯周病原菌が血液中に入ったりすると、下記のような全身的な病気の原因となる可能性があります。

  • 動脈硬化
  • 心疾患
  • 脳血管疾患
  • 早産や超低体重児出産
  • がん
  • 肺炎
  • 糖尿病
  • 高血圧

これらは口腔内の歯周病菌が起因して、十分起こりうる疾患といえます。


歯槽膿漏(歯周病)の予防と治療

歯槽膿漏(歯周病)の予防

まずは診査を行って、歯周病の状態や原因を明確にし、除去していきます。最初にプラークの付着状態やポケットの深さ、歯槽骨の吸収程度、歯の動揺、などを細かにチェックし、それをもとに処置内容を相談しながら治療を行なっていきます。

プラーク(歯垢)は食事をするたびに歯に付着します。 ですから毎食後歯を磨くのはもちろん、歯間ブラシやデンタルフロスなどを使って丁寧に歯垢を除去することが大切です。 しかし、すでに歯周病にかかっている場合は歯周ポケットに入り込んだ歯垢(プラーク)を自分で除去する事はまず無理ですので、 歯医者にいってプラーク(歯垢)を除去してもらうようにしましょう。


歯槽膿漏(歯周病)の治療

歯槽膿漏(歯周病)を予防するにはまずプラークコントロールをすることです。 プラークコントロールとは、プラーク(歯垢)を自分で調節すること、すなわち歯周病の原因である『歯周病菌』の増殖を抑え、 歯周病を予防するということです。

  • 応急処置
    歯肉に腫れがあるなどの場合、切開・排膿・投薬などの処置を行ないます。
  • プラークコントロール
    現在のプラークの現状をお話し、患者様の口腔内の状態に応じたプラーク・コントロール法を指導します。
  • スケーリング
    歯肉縁上の歯石を除去します。
  • スケーリング・ルートプレーニング(SRP)
    歯肉縁下の歯石を除去します。歯垢によって汚れた深部の歯石を除去し、歯根の表面をきれいにしていきます。
  • 歯周外科手術
    これまでの治療で治りきらなかった部位に対し歯周外科手術を行います。病気の原因が目で確かめられるよう、歯肉をめくり、根の先の方や、根と根の間にこびりついて取れなかった歯石を除去し、滑沢にします。つまり、悪いところを直接目で見て徹底的に取り除くのです。 歯周外科手術はこの他にもさまざまな術式があり、症状に応じて使い分けられます。しかし、どんなに新しい治療法を用いても、手遅れの歯周病は治療できません。
  • メンテナンス
    歯周病は治療が終わってからが肝心。口内の健康を取り戻したあとは、この状態を維持していくお手伝いをしていきます。毎日のブラッシング指導や規則正しい生活のすすめ、定期検診などもご案内します。

プラーク(歯垢)は食事をするたびに歯に付着します。歯周病予防には、 毎食後のハミガキの他、歯間ブラシやデンタルフロスなどを使って丁寧に歯垢を除去することが大切です。 しかし、すでに歯周病にかかっている場合は歯周ポケットに入り込んだ歯垢(プラーク)を自分で除去する事はまず無理ですので、ドクターや衛生士に相談し、プラークの除去にいらしてください。

それでも歯を失ったら

歯槽膿漏(歯周病)で、手遅れになってしまい、歯を失われる方はたくさんおられます。しかし大変なのは抜けたからといってそのままにしておくこと。 歯が抜けた場所をそのままにしておくと、周りの歯も抜けやすくなったり、抜けた場所を埋めるために歯が移動し、噛み合わせが悪くなってしまい、顎関節症や全身の病気にまで発展していくこともあるので、必ず治療するよう心がけてください。

歯が抜けてしまった場合の治療法

  • 神戸・明石|歯周病治療オンライン予約

    アップル歯科のオンライン予約

  • 神戸・明石|歯周病治療・無料メール相談

    院長や専門医がお答えします

  • 神戸・明石|歯周病治療・無料FAX相談

    院長や専門医がお答えします

  • 神戸・明石|小冊子無料プレゼント
各種クレジットカード使えます